アスタブライトに含まれるアントシアニン量は?何から抽出したもの?

アスタブライトに含まれるアントシアニン量は?何から抽出したもの?

アスタブライトに含まれるアントシアニン量を調査してみた結果をまとめました!

 

アントシアニンは目の健康維持成分の中でも、直接「見る」機能に作用する物質なので、
適度に多いほうがいいですよね^^

 

アントシアニンが目にどういうふうに作用するのかも触れてます♪

 

 

アスタブライトに含まれるアントシアニン量はどのくらい?

 

アントシアニンを抽出できるアスタブライトの原材料として「マキベリー」がありますが、アスタブライト3粒に、100mgのマキベリー末が含まれています。

 

ということはつまり、1粒に約30mgのアントシアニンが含まれていることになります。

 

 

余談ですが、「アントシアニン」とは一種の"総称"のことで、アントシアニンにも色々な種類があります。

 

マキベリーに多く含まれるのは「デルフィニジン」というアントシアニンの仲間で、
マキベリーの栄養分の約88%がこのデルフィニジンというアントシアニンになります。

 

 

アスタブライトのアントシアニンは何から抽出したもの?

 

上でもお伝えしたようにマキベリーというブルーベリーのような果実から抽出されたものです。
成分表に「マキベリー末」と記載されていますが、「末」とは粉末状のことです。

 

なぜ粉末状にするのか?

 

カプセルに収めやすくするだけでなく、
もの凄く小さな粒子にすることで、「よく噛んだ」状態と同じになり、カラダのすみずみまでアントシアニンが行き届きます

 

 

最新のナノ技術によって、
粒同士をぶつけ合ってもの凄く小さくすると液状になるのですが、
その液状になったものを2日間ほどかけてじっくり乾燥させたものなので、体内で溶けると同時に液状化して素早く眼へ到達します。

 

 

アントシアニンの具体的な役目は??何で大事なの??

 

人間はある物を見ると、
見る度に「ロドプシン」という青紫色のタンパク質が破壊されます。
その破壊されたロドプシンから電気信号が発せられて、その電気信号が脳へ届くことで物が「見える」と認識しています。

 

アントシアニンは、破壊されたロドプシンを1万分の4秒という猛スピードで復活させる栄養素です。
アントシアニンのおかげで私達は日々、目で様々なものを見られると言っても過言ではありません。

 

そんな素晴らしい効果を持つアントシアニンは実は有限で、定期的に補充しないと徐々に減っていく一方なんです。。

 

スマホやテレビ、パソコンなどをずっと見ていたら、なんだか目がショボショボするときないですか??
実はあの状態というのはアントシアニンが不足して、ロドプシンの復活スピードが遅れているからなんです。

 

 

アントシアニンをチャージするベストなタイミングは??

 

アントシアニンは摂取すると2〜4時間ほどで効果を発揮しますが、
体内に留まるのは24時間だけなんです。。

 

アスタブライトでアントシアニンをチャージするとした場合、
朝ご飯を食べた後に飲むようにすると、ちょうどお仕事が始まるタイミングと同時に効果が表れるのではないでしょうか^^

 

ちなみに私は朝ごはん後に1粒、晩ごはん後に1粒で1日2粒づつ飲んでます。

 

朝飲むのは1日ずっと酷使する目に頑張ってもらうため、晩ごはん後に飲むのは栄養たっぷりの状態で目にぐっすり休んでもらうためです♪

 

 

アントシアニンを多く含む食べ物

 

アントシアニンを豊富に含む食材を紹介します。
目の疲れを感じている場合は、見かけたら積極的に摂るようにしたいですね!

 

ナス

アスタブライトに含まれるアントシアニンの量

 

梅・シソの葉

アスタブライトに含まれるアントシアニンの量

 

赤キャベツ

アスタブライトに含まれるアントシアニンの量

 

紫ジャガイモ

アスタブライトに含まれるアントシアニンの量

 

イチゴ

アスタブライトに含まれるアントシアニンの量

 

 

などに、アントシアニンが豊富に含まれています。

 

目を酷使する人はこういった食材も積極的に摂るようにしてアントシアニンをドンドンチャージしましょう!^^

 

 

>>アスタブライトを最安値62%オフで購入するならこちら